喫煙の害

喫煙が原因とみられる死亡数について
世界でなんと2番目に多い死亡原因であり、
その比率は10人に1人が
タバコの喫煙が原因で
死亡(毎年500万人)している。
現在喫煙者の約半数(約6億5千万人)が
最終的にはタバコが原因で死亡するといわれている
(以上、WHOによる)。

一方、厚生労働省は、
「最新の疫学データに基づく推計では、
たばこによる超過死亡数は、
1995年には日本では9万5000人であり、
全死亡数の12%を占めている」と
「健康日本21」の中で発表している。

逆に言うとタバコは、
禁煙対策次第で世界最大の予防可能な死因とも言える。

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto

あなたの宣伝を変えます!!

『あ、このサイトは、ちょっと違うな!』を体験&実感して下さい!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。