サブプライムローン問題とは何か、なぜ問題なのか。

【シリーズ:サブプライムローンについて】

今問題になっている「サブプライムローン問題」
この「サブプライムローン」とは何か、
そしてなぜ「問題化」しているのか。

最近の市場関係のニュースで
必ず話題に登るのが「サブプライム問題」です。


・サブプライム・ローンとは何でしょう?


アメリカで用いられるローンの一つですが、
ローンには2種類あり、
通常の融資を受けられる人(プライム層)向けの
審査は厳しいが金利が安いプライムローンと
信用力が低い低所得者(サブプライム層)向けの
審査は甘いが金利が高いサブプライムローンがあります。

これらのローンは
車などにも適用されていますが
特に問題になっているのが
「住宅」のサブプライムローン問題です。

サブプライム・ローンは
契約直後から数年間は
低金利での返済が出来るが、
数年後に10%以上の
金利が付く返済額になります。

なぜそのようなローンを
利用してまで低所得者が
住宅を購入するのか。

それは、そうやって購入した
不動産が値上がりすれば
低金利のローンへ
借り換えが可能だからなのです。

数年前からの
アメリカの好景気により
住宅需要も増えたところから
住宅バブルが発生しました。

住宅価格の高騰です。
住宅価格が高騰していた際ならば、
信用力が低くても住宅を担保に
サブプライムからプライム・ローンに
切り替え可能という、
通常では考えられないことが
可能だったわけです。

【続きはまた明日!】

FX投資の強い見方はこちらから

改訂版:FXパラレルトレード〓【負ける理由が見つからない・視点が全く違うトレード法】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64065704

この記事へのトラックバック

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto

あなたの宣伝を変えます!!

『あ、このサイトは、ちょっと違うな!』を体験&実感して下さい!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。