サブプライムローン問題とは何か、なぜ問題なのか。(Part.2)

【先日の続き】

その後、アメリカの景気に陰りが見えはじめ
住宅バブルがはじけ住宅価格が下落すると、
思惑がはずれ、サブプライムからプライムローンに
切り替えることが出来なくなります。

結局、高金利での返済をせざるをえなくなりますが払えない。
こうした焦げ付きの増加が不良債権化してきたのです。


・なぜ「問題化」するのでしょう。

ここまでを見ると、
世界的な影響にまで及びそうにない気がするのですが
別なところに落とし穴が・・・

実はサブプライムローンの貸し手は、
この債権を証券化しており、
それにヘッジファンドや金融機関などが投資していたのです。
特に欧州の投資額は大きかったようです。

サブプライムローン焦げ付きの増加による不良債権化で、
サブプライムローンを証券化した商品価格が急落、
そのため金融機関やヘッジファンドに
多額の損害が発生してしまったのです。


【続きはまた明日!】

FX投資の強い見方はこちらから

改訂版:FXパラレルトレード〓【負ける理由が見つからない・視点が全く違うトレード法】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto

あなたの宣伝を変えます!!

『あ、このサイトは、ちょっと違うな!』を体験&実感して下さい!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。