サブプライムローン問題とは何か、なぜ問題なのか。(Part.4)

【先日の続き】

即、転売出来ればプライム・ローンでもサブプライムでも
さほどの問題もないでしょう。

しかし景気減速、住宅バブル崩壊により売れ残った物件が
かなりあるらしいのです。

これらは来年あたりに不良債権化するであろうと予測されています。

そこで、USドルはどう動くのかが問題ですが、
金利政策では、年内は金利据置き年明けに
金利引き下げの思惑で動いているようです。

ただこの場合、米金利のみを見てもわかりません。
対ユーロではどうなのか、対円ではどうなのかという観点も必要です。

しかし個人トレーダーがファンダメンタルズを分析するのは不可能に近いのです。
それは機関投資家に比べ圧倒的に情報量が少ない為です。

【プライム・ローン問題 終わり】

FX投資の強い見方はこちらから

改訂版:FXパラレルトレード〓【負ける理由が見つからない・視点が全く違うトレード法】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto

あなたの宣伝を変えます!!

『あ、このサイトは、ちょっと違うな!』を体験&実感して下さい!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。