今年の大ブームといえば、ビリーズ・ブートキャンプ・・・。

激しく体を動かすエアロビクスが
ダイエットにてきめんとモテモテだ。

有酸素運動が健康維持には
欠かせないことに異論はないだろうが、
そんな中、ヘルスメーターメーカー大手のタニタが、
ランニング愛好家の体脂肪率を計測して話題になっている。

同社によれば、
人気ランニングサイト「ランネット」を通じ、
初心者から経験40年以上のベテラン市民ランナー、
1475人を対象に月間平均走行距離や体脂肪の分析を行った。
この種の調査は類がないという。

結果から
(1)ランナーのうち肥満者は男性のわずか1割、女性では誰もいなかった
(2)ランニング歴が長いほど体脂肪率が落ちる
(3)長い距離を走る人ほど体脂肪率が低い
(4)フルマラソンでは完走タイムが速いほど体脂肪率が低い、
といったことが明らかになった。

体脂肪率は、肥満を判定する上で重要な指標です。
ランニングは、有酸素運動の代表的なスポーツといえるが、
それによって肥満やメタボリックシンドロームが
予防できる可能性がある。
ただし、継続させること、無理をしないことが基本


ダイエットには
体脂肪率のほかにBMIによる
標準体重=【身長(メートル)×身長(メートル)×22】
も目安になる。

過体重が気になる人はまず走ってみてはどうだろう。


1603226730.jpg


美しくやせる方法〜食べる量に関係なくやせる極意〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73428142

この記事へのトラックバック

賞金ゲット!誰でもロト!open Loto

あなたの宣伝を変えます!!

『あ、このサイトは、ちょっと違うな!』を体験&実感して下さい!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。